b型肝炎の症状を抑えるための定期接種と生活上の問題点

b型肝炎は感染するとウイルスが体内に残留するので完全に治すことが出来ず、一生をかけて治療を続ける必要があります。発症やウイルスの繁殖を抑える薬剤を定期接種する必要が生じるので、時間の確保や費用の捻出などで生活が圧迫されることもあります。

b型肝炎の症状や感染経路について学び、定期接種の重要性の理解に努めましょう。


b型肝炎に感染する理由と体への影響

b型肝炎はウイルス性の肝炎の一種なので感染によって発症するのが特徴です。従来のb型肝炎の感染経路はウイルスに汚染された薬剤や器具の使用が多数を占めていました。特に注射針やメスなどの医療器具は使い回しが常識だったこともあり、医療の現場での感染が一般的でした。

現在では使い捨てや徹底した消毒が行われている他、薬剤の検査も厳しくなっているので病気の治療をきっかけに感染する危険は殆どありません。むしろ、保菌者との性交を含む過剰な接触が現在の感染理由の多数を占めています。

特に中高年層の人は妊娠しないことを理由にゴム製の避妊具を使わずに成功に及ぶことが多いため、b型肝炎の感染リスクが高い傾向があります。b型肝炎に感染してもすぐに症状が出るとは限りません。個人の体質によっては感染しても長い年月の間、目立った症状が出ないので自分が保菌者である自覚が無いこともあります。

しかし、自覚症状が無くても肝臓の機能は次第に低下してしまうので、気づいた時には症状が重篤化してしまうことも珍しくありません。b型肝炎の症状は倦怠感や食欲不振、悪寒など単なる体調不良に似ていることも適切な治療が遅れてしまう理由の一つです。

b型肝炎を疑うほどの重い症状が出るころには肝臓が著しく損傷していることから、体調不良の改善を図るのは困難な状態に陥っているのが普通です。


b型肝炎に対する治療の方法

b型肝炎に感染すると医学的な意味で完治は望めません。これは、b型肝炎のウイルスが体内に残留して繁殖するためです。また、ウイルスは大きな症状が出ない時は体内に潜伏しているので、保菌者が自覚出来ないことも適切な治療に至らない理由の一つです。

b型肝炎に感染していることを確認するには入念な検査が不可欠です。医療機関が行っている人間ドックを利用するのが効果的な方法ですが、検査プランによってはb型肝炎ウイルスの検査を行わないものもあるので、必ず肝炎検査も含めることを心がけます。

b型肝炎に感染したことが判明した場合、速やかに治療を受けるのが進行を遅らせるための重要な条件になります。

b型肝炎は放置すると症状が即座に進んでしまい、肝臓の機能が大幅に低下します。症状が重篤化すると死亡する危険もあるので、症状の悪化に繋がるウイルスの繁殖を抑える治療が不可欠です。b型肝炎の症状を抑える薬剤の定期接種が最適な治療方法ですが、時間と費用がかかる欠点もあります。

しかし、b型肝炎の症状を適切な方法で抑える治療は他には存在しないので、生活の中で治療スケジュールを上手に組み立てる工夫を施すことが重要になります。医師と相談し、自身の体調や予算を考慮して治療の進め方を決めるのが暮らしを圧迫しないための心得です。

b型肝炎を他人に移さないための工夫

b型肝炎はウイルス性の病気なので他人に移ってしまうことがあります。病気の中では感染力が低い部類なので、日常生活の中では感染する危険性はさほど高くありません。同じ部屋で過ごしたり握手をする程度ではb型肝炎に感染はしませんが、カミソリや歯ブラシの使い回しを行ったり、セックスを含む性行為によって感染する可能性はあります。

これはb型肝炎のウイルスが傷口や粘膜を通して体内に侵入するためです。保菌者は汗や尿、血液などの体液にウイルスが混在しているので、カミソリや歯ブラシを共用する行為は感染リスクを増大させる結果になります。また、ゴム製の避妊具を使わないセックスや性器を口に含む行為も感染の危険があるので避けるのが賢明です。

医療現場では医師や看護師がb型肝炎の保菌者に接して感染するケースがあります。指先に生じた傷口が保菌者の血液に触れるのが主な感染経路なので、必ずゴム手袋を着用して接するのが医療従事者に求められる心得です。

また、メスなどの医療器具を介して感染するケースもあることから、薬剤や熱湯による消毒が必須です。熱湯消毒は約10分ほど煮沸する必要がある他、薬剤による消毒もb型肝炎ウイルスに対応している専用の製品を選ぶことが大切です。「参考元 - B型肝炎訴訟 - アディーレ法律事務所

b型肝炎の保菌者に必要な健康管理の心得

b型肝炎に感染しても即座に体調が悪くなることはありませんが、肝臓の機能が次第に低下するのに伴って体力も減少します。

免疫力も損なわれるので、様々な病気を患うリスクが増大するのがb型肝炎の厄介な点です。体調を良好に保つためにはバランスの良い栄養を摂取出来る食事メニューを組む他、十分に休息を取って疲労を溜めないことが大切です。

疲労が溜まると体力が著しく低下して病気を患いやすくなるので、生活サイクルを改善させることを心がけます。適度な運動によって新陳代謝を活性化させ、体内の老廃物を排出させるのも体調を損なわない工夫の一つです。

高齢者がb型肝炎に感染した場合は体力を消耗させないことが重要なので、過度な運動は避けて栄養と水分を適度に摂取させることを心がけます。

→b型肝炎予防にはエンベロープの構造を知ることが重要

b型肝炎を発症させないための心得

b型肝炎の発症を抑えるには薬剤の定期接種が最良の方法ですが、時間と費用がかかる欠点もあります。暮らしを圧迫する原因にもなることから、定期接種以外にも発症を抑えるための工夫を施すことが健やかに暮らすための条件です。

健康状態を良好に保つため、夜更かしや偏食などの悪い習慣を排除することを心がけます。また、疲労やストレスを溜めないように、休息を十分に取ることを最優先にするのがb型肝炎の発症予防に繋がります。どのような方法であっても医師の指導の下で行うことが大切なので、体に負担をかけないメニューを構築して適度に実施する習慣を持つことが必要になります。

場合によっては複数の医師のアドバイスを貰うのも良い結果に繋がるので、セカンドオピニオンを実施して自身の体調を良好に保つことを意識するのが長く健やかに暮らすための重要なポイントです。素人判断では却って体の具合が悪くなる危険があるので、絶対に行ってはいけません。